異形のエンテ型戦闘機『震電』 推進式エンテ型のレシプロ戦

21

3月

異形のエンテ型戦闘機『震電』 推進式エンテ型のレシプロ戦

異形のエンテ型戦闘機『震電』 推進式エンテ型のレシプロ戦。一般に、推進式の配置は牽引式の配置よりも劣ります。レシプロ戦闘機ついて質問 推進式(エンテ型)のレシプロ戦闘機運動性能や旋回性能劣ってまう聞きます本当か 震電。前翼型の独特な機体形状を持つ。最高速度ノット約/以上の高速
戦闘機の計画で。年昭和年月大尉は従来型戦闘機の限界性能を
大幅に上回る革新的な戦闘機の開発を目指し。前翼型戦闘機を構想し。研究を
行っていた。初となる前翼型戦闘機の試みであったが。陸軍は年に満州
飛行機に対し九九式襲撃機の後継機となる推進式を採用した鶴野自身による
滑走試験中。機首を上げ過ぎたために。プロペラ端が地面に接触して先端が
曲がってしまう。時速八〇〇キロに挑戦した「震電」。海軍が。最高速度四〇〇ノット時速七四一キロ以上という。当時としては
かなり思い切った高速戦闘機の試作要求を。陸軍でもキ「研三」やキの
性能向上案で。時速八〇〇キロの計画はあるにはあったが。あくまでも計算上の
ことで型。三菱の十七試局戦「閃電」。満州飛行機のキなどが。いずれも
エンジンを胴体後部に収容して推進式プロペラを震電」の最大の特徴は。
なんといってもエンテ型の主翼と前翼の配置だが。平面形を見ると機首に小さな
水平翼。後方

異形のエンテ型戦闘機『震電』。そこで空気抵抗を低減させるための策として考え出されたのがエンテ型。推進式
エンジンを積んだ機体である。これに伴ってエンテ型を「前翼型」と呼称
すると定め。いよいよエンテ型戦闘機の本格開発がスタートしたのである。
要求性能と実際の性能は大きく違うということを承知の上で。あえて参考までに
。傑作局地戦闘機と称される紫電改の性能をまた離昇時や戦闘時など。安定
した大出力が必要な局面ではメタノールを案内羽根に噴射し。燃料のオクタン価
を実質的に

一般に、推進式の配置は牽引式の配置よりも劣ります。エンジンとプロペラを胴体の背後に置く事によるデメリットは、胴体の前に置く事によるメリットを大きく上回るのです。最大の問題は胴体が境界層を作るという点です。推進式にすればプロペラで作った空気の流れが機体に阻まれる事無くそのまま推進力になりますが、プロペラに流入する空気は、機体前方から胴体に沿って流れますが、空気には粘性があるため、胴体表面近くの空気はそこに張り付いて流れません。胴体との距離に応じて空気の流速は層状に変化し、この低速の空気流部分は”境界層”と呼ばれます。プロペラに流れ込む時点で空気は遅くなっており、その空気を十分に加速するには遅い空気をプロペラの翼で強く掻くことが必要です。プロペラが機体前方にあれば、空気が速度落さずにプロペラに流れ込みます。プロペラの後方には胴体がありますから、プロペラの仕事は空気を圧縮するように働きます。プロペラの効率としては、遅くなった空気を加速させるよりも、圧縮する方がより高効率です。例えば極端な想定で、真空のごく薄い空気をプロペラで掻くよりも、濃厚な空気を掻く方が効率が高い事は分かると思いますが、遅くなった空気はプロペラで強く掻くと前方の空気密度がすぐに低下して真空に近くなります。だからプロペラを胴体の後ろに置くと効率が悪いのです。また、牽引式が優れるその他の点も‥…?エンジン冷却に有利?プロペラ流による翼面効果の増大?プロペラ後流からの捩じれエネルギー回収?尾翼を設け難い双尾翼にするとエンジン整備が最悪?離着陸時には大迎角が有利。?脚も牽引式の方が設計が楽戦闘機だと機銃がプロペラ回転に阻まれて、特別な仕組みが必要だったり、翼に付けたりという制限や、脱出時のリスク差もあります。もちろん、推進式が優れる点もあります。?前方の眺望が得やすい?高運動性の機体設計では、重量物であるエンジンが後ろの方が有利?プロペラ後流によるヨー運動が無いこんなとこかな推進式とエンテは関係無いよ。プロペラの向きの違いで、推進式と牽引式に別れ、水平 垂直安定板が前か後ろかで、尾翼式か、先尾翼日本語ではカナード エンテをこう呼びます式かに別れます。元々ライト兄弟の飛行機が、水平安定板が前に有り、垂直安定板が後ろに有り、プロペラがプレッシャー式で有った為、初期の飛行機は、先尾翼式のプレッシャー式が主流でした。水平安定板が前に有ると、主翼の揚力を助ける方向に、水平安定板を動かし、上昇するので、当時の非力なエンジンには、都合が良かったのでしょう。只、安定性で考えると、先尾翼式には、風見効果が有りません。反対に、風の影響で、方向 上下の安定が崩れると、助長する方向に動いて仕舞います。ハイハイからよちよち歩きを経て、歩きまわれる様に進歩した飛行機は、安定性の向上の為、風見効果が有効に使える尾翼式に為って行きます。尾翼式に為って、後部が重くなると、エンジンが前に有ると、バランスの良いので、牽引式が主流に為って行きます。運動性能は、先尾翼式の方が良い様に書かれる事が多いのですが、飛行機は重力に逆らって浮いて居ますので、前を持ち上げて、主翼の迎え角を増やすより、尾翼を下げる方が、反応が早いのです。ましてや、プロペラからの後流が尾翼に当たると、大きな舵を切って、尾翼が失速した時の回復も早く為り、フラットスピンからの復帰も、やり易く為ります。プロペラが前に有ると、プロペラ後流は、邪魔な胴体や主翼に当たり、有効な推力が減ってしまうと言う考え方から、プレッシャー式が検討去れましたが、乱された空気がプロペラに当たって、其ほどの効果が無いので、主流には為らなかったのでしょう。降着装置も複雑に為りますから。エンテ式はプロペラの噴流が主翼や尾翼に当たらないので推進式に比べて運動性、旋回性が悪いのです。また、パイロットが脱出する際にはプロペラに巻き込まれる危険が大きいので恐ろしい機体なのです。パイロットも兵隊も命がけだよwww

  • 第156回国会 非常事態なのですから国会の過半数で賛成が
  • 何食べたい 本当に今まで3回くらいしかないのですが彼に食
  • 性分化の過程 染色体は男はxy女はxxですがこれらの3つ
  • 巨人原監督日本シリーズに来もしない 巨人の亀井パーラ山下
  • 全作品No 何かおすすめの漫画やアニメないですか
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です